メンズファッションの着こなしのコツ

メンズファッションの着こなしのコツは、初心者でも意外と簡単に身に付けられます。

 

初めの一歩は、購入する服を少し変えるだけで十分です。

基準としては、シルエットは細身になるように心がけ、色は白黒のモノトーンから試し、できるだけシンプルなデザインのものを選ぶようにすれば問題ありません。

 

シルエットの細さは、メンズファッションを格好良く見せる重要ポイントです。

 

例えば、服選びの際に、いつもより小さいサイズの服を試着してみましょう。ボトムスなら、細身である事を明記している商品を選ぶべきです。

 

普段、ジーンズを着用している方なら、テーパードやスキニー等と表記されている商品を試してみましょう。

 

試着して鏡を見ると、足が長くスタイルが良く見えるものです。

 

細身のボトムスには、誰が着ても脚を自然に長く見せる効果があり、これに同色の靴下や靴を合わせると更に効果的でしょう。ボトムスと一緒に購入すると、着こなしの役に立ちます。

 

 

ボトムスでスタイルの良さという土台を作れたら、次はトップスを試着してみましょう。ここで、着たときに不自然に見えない範囲で1サイズか2サイズ小さいシャツを選んで試着してみるとします。

 

この状態で鏡を見ると、雰囲気が普段と全く違う事に気が付くものです。細身のトップスを着用すると上半身が引き締まって見え、これも自然とスタイルが良く見えるでしょう。

 

このように、細身のトップスは着る人の印象を格好良いものへと変えてくれます

 

 

仕上げに、白黒以外で好きな色のアイテムを追加しましょう。帽子やスカーフ、アクセサリー等、何でも構いません。白黒だけでも格好良いものですが、色が単調過ぎますので。

 

そこで1色追加すると、オリジナリティが出て雰囲気も更に良くなります。